読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PEGブログ

自転車、ゲーム、マンガなど好きなことをつらつら書くブログ

ボトルケージ2本体制

キャニオンを購入してはや1年半

これまでキャニオンに乗るときは常にボトル1本

どれだけ暑くてもボトル1本

 

キャニオンのフレームを購入するときに、

専用サイトで付属品としていろいろ注文できるのですが、

このときはボトルケージは1本でええかなと思ってしまい(なぜ?)、

今になって思えば同じものをもう1つ、

そんときに注文すべきであったと若干後悔しています。。

 ※キャニオン製のボトルケージはキャニオンのサイトでしか販売されていません。

やっぱりブルベを走る身として、

ボトル1本では走ってる最中に熱中症になりかねません

 

というわけで、マットブラックなフレームに似合うのは、

やっぱりマットブラックやろと思いまして

こいつをポチリました

 

 ELITE(エリート) CANNIBAL SKIN BLK 

ELITE(エリート) CANNIBAL SKIN BLK

ELITE(エリート) CANNIBAL SKIN BLK

 

 

装着した見栄え

装着前

 

装着後

ボトルケージに寄ってみる

もっと寄ってみる

 

うん、違和感なく溶け込んでるし、めっちゃかっこええ

 

このボトルケージを選んだ理由

自分が重視する点は、

 ・コスト

 ・ボトルの着脱の良さ

の2点です。

 

レースにでるレベルの人は、

他の装備品同様に軽さを重視されるようですが、

自分のようなホビーレーサーやと、

ボトルケージの重さなんかほとんど影響しません

1万円近くもするカーボン製の15gよりも、

2千円未満のプラスチック製の45gで十分

 

もっとも重視した着脱の良さですが、

いろんなブログでも紹介されているとおりで、やっぱりいい

 

柔軟性がよいからなのか、ボトルのおさまりもいいし、

抜くときもスムーズ

 

やわらかいけども大きな揺れがあっても、

もちろんボトルが落ちることはありません

 

自分は胴回りがやや大きいCAMELBAKのボトルを使用していますが

こいつでも使用感は問題なしですね

 

これで今月走るブルベは安心やな